悪人

今日、夜中の3:30頃に不気味な夢を見て目覚めました。

私は電車に乗ろうと段差のあるホームに上がりました。
電車を待っていると、前に割り込むようにして3人の男女が並びました。
ちょっとムッとしていたら、いつの間にかその列の前に五十歳ぐらいの白髪混じりの男がいて、こちらを向いて鋭い眼光を飛ばしニヤリと悪意の笑みを見せました。
そして突然、上体を回転させたかと思ったら、後ろ回し蹴りで自分の前の人たちを蹴り倒しました。私はうまく避けたので、倒れることはありませんでした。
ホームは一段上がったところにあったのですが、倒された人たちは段差に覆い被さるようにして倒れており、危ないと思った私は倒された人たちをホームの下段に降ろしました。
皆気を失っており、頭から血を流していた人もいました。その中には若い女の人もいました。
男は私の様子を睨みつけるように見ていました。
取り急ぎ通報しようと駅員を探そうとしたら、近くにいた三十歳ぐらいの若い男がムリだからやめておけと制止してきました。どうやら前にいる暴力を振るった男は、ここでは知られた存在で、よくあることのようでした。
若い男は私に逃げることを促しました。
雑踏の向こうにいる男は私を見て何をしても無駄だと言うように不気味に笑っていました。
駅員が駆けつけたところを見て、ホッとしたのも束の間、男を拘束しようとするが全く敵いませんでした。
しばらくすると空からレンジャー隊のような人たち5〜6人が降りてきて、網のようなもので男を包みました。
同時に黄色い大きな重機が駅構内に入ってきました。
重機で男を吊り上げ、ホームの上5mほどの高さにいつの間にか設置されていたプラスティック製のプールの水の中に落としました。
この男を捕まえるために周到に準備されていたように思い、驚きました。
しかし、それでも男は笑っています。
重機は直径10mほどもあるお椀状の物を運び込みました。
男は太い鉄の棒で組まれた窮屈な鳥籠の様なものに入れられ、お椀の縁に沿ってグルグルと回されていました。

暴力に歓喜する人達がいました。
自分もその悪魔的な光景に興奮を覚えながらも、歓喜する人々と自分に対して恐怖を感じていました。

激しく回される男をよく見ると、ケラケラと笑っていました。
彼にはそんなことでは一抹の苦痛さえ感じていないようでした。

これが悪魔なのかと強く恐怖したところで、夢から覚めました。



もしかしたら、あの男が自分の中にいるのではないかと思うと暫く眠れませんでした。

まったく嫌な夢でした。
もしよろしければ、どなたか夢分析してみてください。


以上、ありがとうございました。
| 夢日記 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

子猫から脚立まで。そして空を飛ぶ

今朝、立て続けに夢を見ました。

自宅の部屋(という認識はあるものの明らかに今の家ではない)の中で横になっていると、娘が帰ってきて、部屋に入るなり私の腹の上に子猫を乗せたのです。
とてもかわいい子猫です。
施設から貰ってきたそうです。
ただ子猫は甘えてくるわけでもなく、イヤイヤするように私の体の上から滑り降りました。
まぁ、すぐには懐かないよなと、少し残念な気分になりました。


場面は変わり、どこかのオフィスに。所謂、下請け用のタコ部屋の一画です。
どうも冴えない部署に飛ばされたようです。NRI時代の上司もいます。随分と頭髪が白くなっていました。
その彼に隅にある荷物の乗った机がお前の机だと言われました。
何の感情も湧くことなく、ただそこは自分のいる場所ではないような気がして、外に出ました。
小高い丘の上から眼下に広がる芝生の緑が見えます。
私は頭上にある見えないロープをイメージし、両手を組んでそのロープにぶら下がるように両腕を上げると、ああいつもの感触だと体が思い出し、体がふわっと浮きました。
最初はそのロープに沿ってロープウェイのように空中を進んでいました。
下には数人、先程の上司の姿も見えました。
見つかったらマズイかと思いながらも、まぁいいやと飛び続けました。
そもそも何故他の人達は飛べないのか?
こんなに簡単なことなのに。
そんなことを考えていたところヘリコプターがすぐ近くで私を監視しているのがわかりました。
ヘリはステルス迷彩をしており、背景に溶け込んでいるのですが、時折パイロットや機体の姿がチラつくように見えるのです。
見つかったと分かり、とりあえず逃げるのですが、気球みたいなスピードしか出ません。
非常に焦ったのですが、結局ヘリは追いかけて来なかったようです。
私はここにいると皆んなに迷惑をかけると思い、一旦オフィスに戻り、1mぐらいの高さの脚立を持って、そこを出て行きました。


ここで夢は終了です。

子猫は最近の出来事と関係ありそうです。子猫を育て一緒に暮らしたいという願望でしょう。

昨日の夜、NRI時代の協力会社の方と飲んでいたので、その影響も強く出ています。
いずれにせよ自分の居場所ではないということでしょう。

空を飛ぶのはいつものこと。夢の中では飛ぶのが得意なのです。

しかし何故脚立?
背伸びしたいのかもしれません。
高い所には脚立がないと上がれませんから。

以上、ありがとうございました。

| 夢日記 | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ヘンテコな集団には関わらない方がよろし

中学生らしき集団が行列で近所を回っているようでした。そのうち、我が家の周りを囲み出しました。まだ雨戸を開けていなかったので、娘と二人で居留守を決め込むことにしました。
中学生集団が去った後、強風が吹き荒れ、自宅の屋根が破損してしまいました。でもその屋根は日本家屋風で、現在住んでいる家ではありませんでした。
家の中はかなり広く天井も高い白を基調とした豪奢な佇まいでした。
妻のヘルパーさんがいて笑顔を絶やさないものの何か困っている様子でこちらを見ていました。
なぜか高い位置にあるプリンターから印刷された紙が溢れ、はらはらと紙が落ちていました。
無線LANが止まったと、弟や娘が部屋から出てきました。
私はルータを探しに二階へ上がろうと三つもある階段のどれを使うか思案し、結局一番近い階段を上ることにしました。 すると、スマートフォンの電話が鳴り出しました。電話に出るともう何年も会っていない従兄弟からでした。
とある場所に来て欲しいと、その住所を言うのですが、どうにもうそっぽい住所でした。
変だなと思っていると、女性のお客さんの弟だと言う人と話していました。
彼によるとその会場で私の名前を呼ばないと勝ちになると姉と賭けたとのことでした。
以上、今朝方見た夢です。
夢なので脈絡はないと言うか、時系列の縛りがなく連想ゲームにノリは近いですね。
不気味なのは中学生集団ですが、特に怖いとは思いませんでした。一種の霊団かもしれませんが、相手にする気にはなれませんでした。
大した連中ではないのでしょう。
その他、様々な解釈ができそうですが、夢見状態の思考というのは、なかなかに手強く、潜在意識下でこんなのが渦巻いていると思うと、よくまともに生活できているもんだと感心してしまいます。
以上、ありがとうございました。
| 夢日記 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

2017年初夢

最近では1月2日から3日の夜に見る夢を初夢と言うそうです。

 

私の初夢はとても印象深く、そして何を意味するのか分かりませんでした。

 

とても美しい13歳前後の少年少女が見えました。

二人とも髪は薄い金色で、瞳は薄いブラウンでした。

雰囲気としては萩尾望都の描く少年少女のようでした。

 

二人の背景には茶色の木とも言えないとても高くそびえたオベリスクのような塔が何本も建っていました。

その塔の中間地点ぐらいの高さに二人はいました。 未来なのか過去なのかは分かりませんでした。

 

ただ、その男の子は私だと思いました。 女の子は誰だか分かりませんでした。

今世では出会っていないのかもしれません。

前世なのか来世なのか。

 

二人は愛し合っているようではありましたが、何となく寂しげでした。

 

二人が私を見つめていました。

私ではなく私の背後の何かを見ていたのかもしれません。

続きを読む >>
| 夢日記 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

今朝見た夢の話

今朝見た夢の話。

若い女性の友人のお宅にお邪魔していた。デッキでその女性の家系では石油を掘り当てていると聞き、かなりの資産家らしいことを知る。

そんな折、突如東京方面にモクモクと黒煙が上がっているのが見える。どうやらテロっぽい。何度も夢で見た光景がとうとう現実化したと思った(後から思うと、初めて見た光景なのだが、夢なので都合良く解釈する)。

彼女の家に避難したい思いもあったけど、家族のことが心配だったので自宅に走って帰ることにした。女性とその姉妹に別れを告げ、私は走った。

白いもやとともに爆風が近づいて来るのがわかる。ヤバイと思い、近くのビルに避難することにした。

ビル内は何故か平穏で屋台風の飲食店は普通に営業していた。

どういう経緯があったのか忘れたが、そこにいた30代位の男性、20代の男女カップルと行動を共にしていた。

皆でビル内を移動中、ふと私の身体が浮くような感じがして、立ち止まり、浮遊ポイントを探しました。壁から天井に続くむき出しの鉄骨が目に止まり、そこに頭を近づけると身体が浮き始めた。

しばらく、私は浮遊方法を確認していた。私は何度も夢の中で浮遊していたので簡単にできたが、他のメンバーはうまくできない。

ビルから出ることになり、1階まで降りることにした。何故か階段ではなく、屋内にアスレチックにあるような鎖でできた縄はしごが階下に通してあり、それを使って降りる。20代の身長の高いなかなかのイケメンなのだが、その身長のせいか、降りるのがヘタクソで、ユーモラスであった。

この辺りで目覚ましアラームが鳴り、目を覚ましました。
| 夢日記 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

UFO襲来(ΦωΦ)フフフ…

空にピカピカと点滅する円形のUFOが飛んでいました。

それは工場の上空低く飛んでいました。
工場にいた人たちも外に出てきて一緒にそのUFOを見ました。

その光の輪のようなUFOは8の字を横にしたような軌道を描いていました。

しばらくその様子を見ていると、突然操縦不能になったように左右にぶれて目の前に落ちてきました。

それは思ったより小さく直径50cm程度の白いビニール製のパイプにLED電球をそのパイプの外壁に数十個取り付け梱包用のプチプチで全体を覆ったようなかなり安っぽい作りに見えました。

う〜ん、どうやらUFOではないなと思ったとき、工場の屋根の上に男が立っていることに気づきました。

その男は白っぽい上下にサングラスと白いマフラーのようなもので顔を隠していました。

月光仮面かよ!
と心の中でツッコミました。

そいつを投げて返してくれと言うので、その安っぽい白いUFOもどきを投げると、生き返ったようにまた空を飛びだしました。

私はしばらくそのUFOもどきの不思議な飛行風景を見ていました。

すると、視界の角で黒いらせん状に巻かれたパイプのようなものが見えました。
視線を移すと、その黒パイプはまるで風に身を任せ滑るように地上を移動していることが分かりました。
その大きさは幅約1.5m、高さ1mぐらい。

なんだか世界がおかしなことになっていると思いました。

マンションに帰ると、ノイズ混じりのAMラジオのような音が聞こえます。
ラジオでもなく、携帯でもなく、PCのパーツか何かが波動を拾って音を出しているようです。
一体どうなってるんだと思っていると、そのAMラジオのような音とシンクロするような振動が部屋全体に響いてきました。

窓の外に視線を移すと、2kmほど前方に長さ1kmほどもある巨大な青と白でカラーリングされた物体が上空100m位に浮いていました。

それはまるで甲羅のない亀のような形をしていました。
地上には5階建てのマンションぐらいの大きさの亀の頭をした埴輪の馬な物体が何体も降りていました。

おおすごいなあ、なんて思っていたとき、その埴輪たちが突然前進を始めました。

マンションやビルが破壊しながらそれらは前進しました。

その時初めて恐怖感を感じました。

こいつはやばい、逃げなきゃと思ったとき、
夢から覚めました(^Д^)

おしまい。


▽▲▽▲お知らせ▲▽▲▽

☆営業予定

6月
18日(火)
19日(水)
24日(月)
25日(火)

以降の日程は後日ご連絡いたします。

お茶会やランチ会、パソコン教室、ダウジング教室などもご希望に応じて開催調整しますので、ご興味のある方は当方までご連絡ください。

☆ヒーリング&リーディング
肩こり腰痛などの肉体的苦痛、鬱や不眠など精神的苦痛の解消、ダウジングによる各種調査など。

60分:6,000円
90分:8,000円
延長30分ごと:2,000円

出張も承りますのでご相談ください。

☆オンラインリーディング
無料ビデオ通話ソフト skype を使った遠隔リーディングです。
遠方の方やちょっとした調査などにご利用ください。

15分:1,050円
30分:1,890円
60分:3,570円

以上、ありがとうございました。


光屋神路祇のFacebookページ

八千代緑が丘 エネルギー療法 催眠療法 カウンセリング ダウジング 

☆ 肩こり 腰痛 鬱 姿勢矯正 ダイエット 願望実現 瞑想 ☆

エナジーヒーリング リオルグ


ダウジングや霊視・霊聴・チャネリングでいろんなことを調べる会


光の天使会


| 夢日記 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
twitter
Facebook
光屋神路祇@エナジーヒーリング リオルグ 

Facebookページも宣伝
CONTACT

mail:kourogi@ehreorg.com
Skype Me™!


本棚
楽天
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM